SHIFT 採用情報

d

社長×新入社員

対談インタビュー新入社員松本×社長安野
  • 松本イメージ画像

    【どうしてシフトに入社しようと思ったのですか?】

    松本

    前職はフリーペーパーを制作する会社で働いていました。
    対応するお客様の数が多く、対応が雑になってしまうことや1度きりのお仕事で関係が終わってしまうことも多々ありました。
    そんな中で、今後「お客様と長く付き合っていける仕事」をしていきたいという思いから転職活動を始め、シフトに出会いました。

    【面接の時のお互いの印象は?】

    松本

    面接前にホームページで拝見していましたが、やはり社長さんなので怖い感じの人なのかなと、緊張していました。
    しかし実際にお話をさせていただくと、穏やかな雰囲気の方だなという印象をうけました。

    安野

    弊社でディレクター職に応募してきてくれる女性の方は珍しかったので、応募してきてくれた時から、お話をしてみたいなと思ってました。
    そして実際に面接をした際に、前職の仕事内容も含め、仕事への厳しさなどもわかっている人だから弊社でも働いていけるのではないか、と思い採用を決めました。

  • 安野イメージ画像

    【実際に仕事を始めてみてどうでしたか?】

    松本

    まず、全体的に静かな会社だなという印象をうけました。
    前職が雑談などをしながら働くような会社だったこともあるのですが、皆さん仕事中は仕事に集中されてメリハリがあるなと感じました。
    また、仕事を通じて思ったことは「質問がしやすい環境」だということです。自分が業界未経験からの入社だったので、当初は不安が大きかったですが、先輩方は私が質問をすると手を止めて対応してくれて非常に嬉しかったですし不安もなくなりました。

    安野

    先ほどの面接の印象の話の補足にもなりますが、私は松本さんの入社当初「おとなしい雰囲気の人なのかな」と思っていました。
    また、「お客様と接するときにはどんな話し方をするのかな?」という点も気になっていました。
    そして実際いろいろな仕事を通じて松本さんを見てきましたが、今は『度胸のある話し方』ができる人だなという印象です。
    松本さんがお客さんに対して会社説明などをするときに、自分の発言に自信をもって話している姿勢が良いなあと思っています。なので、こちらも彼女ができる部分に関しては安心していろいろ任せることができます。

    松本

    ありがとうございます(笑)

    安野

    あとは、とても頑張り屋さんだと思います。

  • 松本イメージ画像

    【現在の仕事内容ととその楽しさを教えてください】

    松本

    コーポレートサイトやECサイト・製品サイトなど様々なサイトリニューアルのお仕事を担当させていただいています。
    その中での楽しさは、お客様との打ち合わせをしながら仕様書やデザインをおこしていきそれに対してシステムができあがっていきホームページとしての形に完成する、この工程のすべてに自分が携われることです。

    安野

    ちなみに仕事自体は楽しいですか?

    松本

    思っていたより楽しいです。
    システム関連の仕事は文字情報や複雑なコードを多用しているイメージがありましたが、実際はそれだけではなく、サイトの見た目の部分含めお客さんと考えながら一緒に作っていくのでとても楽しいです。またSITEMANAGE自体がわかりやすいという点も大きいかもしれません。

  • 安野イメージ画像

    【仕事でどんなことを心掛けていますか?】

    松本

    お客様への対応を早くおこなうことを心掛けています。メールなども、連絡をいただいたらまずは確認した旨だけでも伝えることで、お客さんから信頼していただけるのではないかなと思っています。

    安野

    松本さんは徹底してるよね。対応はいつも早いです。
    メールの返答に限らず、お客様との打ち合わせが終わった後のフォローなども早いし。また、集中力も高くて非常に良いと思います。

    松本

    ありがとうございます!

  • 【それぞれ、仕事をする上で自分自身に課題はありますか?】

    松本

    お客様との打ち合わせの際の話す内容です。
    説明をしているなかで、自分の知識が浅い部分に関して少し大雑把な説明をしてしまうところがあり、不足している箇所を先輩のフォローに頼ってしまっています…。

    安野

    私は、時間を意識するようにしなくてはと思っています。
    社員が増えてきたこともあり、1つ1つの案件に深く関わることが難しくなってきました。また案件以外の社内体制・施策に関して考える時間も必要だと感じています。
    営業をチーム制にしてみたり、設計チームを作ったりと試行錯誤はしていますが、もっと自分自身の時間や社員の勤務時間などを上手く調整していければと思っています。また仕事以外での社員との食話会などの交流も大事にしていこうと思っています。

  • 【安野さんに伺います。シフトという会社の理想像は?】

    安野

    当社の特徴は自社のパッケージを持っているところです。
    パッケージがまだなかった頃からいた仲間もいれば、パッケージが出来てから入社した仲間もいますが、全員にパッケージを好きでいてほしいと思っています。
    なぜかというと人は自分が好きなものでなければ、その魅力を伝えたり、紹介をしたりすることが難しいと思っているからです。
    私は、当社のパッケージを社員全員が好きでいてくれて、会社全体でパッケージを成長・発展させていく、そんな会社にしていけたらと思っています。

    松本

    会社の商品を好きになるという感覚はとてもわかります。
    私も、入社当初はそこまでパッケージに対する愛着のような気持ちはなかったのですが、仕事を通じて具体的にお客様への提案や紹介をしていくうちに、「この機能は提案先のサイトに導入したら便利だな」とか「こうしたらもっと魅力を知ってもらえるかも?」などパッケージを知っていくうちにどんどん魅力的な部分が見えてきました。
    パッケージを好きになったからお客さんにも提案をしやすくなったと思います。

  • 【シフトという会社をどう成長させていきたいですか?】

    松本

    私はまだ会社全体に対して「こんな風に成長させたい」というところまで考えられていませんが、個人的には口コミで良いうわさが伝わるような会社であったらなと思います。
    例えば、シフトのことは元々知らなかったけど「シフトの人に話を聞いたらとても良かった!」「SITEMANAGE使ってみたらすごくよかった」みたいな実際にシフトとお仕事をしていただいた方の口コミからお仕事が増えて行ったりしたら言いなあと思います。

    安野

    私は、webの開発会社として、この先も存在していきたいと思っています。
    Web業界は様々な会社がありますが、シフトは「作れる」会社として認知されていきたいです。そして、そこを魅力としてお客様にも感じ取ってもらえたらと思います。
    「素晴らしいものを作ってもらえた」と、常にお客様から信頼されて仕事を任せていただけるように努めていきたいです。

  • 松本×安野イメージ画像

    【仕事での今後の目標を教えてください】

    松本

    現在は、先輩にサポートしていただきながらお仕事をすることが多く先輩がいないと仕事が進まないこともあるので、先輩に頼らずに仕事ができるようになりたいです。
    あと前回の展示会から、自社の展示ブースの企画などを担当しているので、訪れた方があっと驚くようなそしてシフトに興味をもっていただけるブースを作りたいです。

    安野

    以前、展示会で壁も床もすべて黄色にしたことがあるけど、その時のインパクトより更にすごいものを期待してます。

    松本

    あとは、先輩社員として自分より後に入社してきた仲間に、的確なアドバイスができるようになりたいです!

    【若手社員に対して要望はありますか?】

    安野

    会社発案ではなく、社員発案のもと商品づくりをしていってもらいたいです。
    会社から、プロジェクトを任されるのではなく、社員から発案し、作り上げていってくれたら嬉しいです。

ページトップへ