地域限定!?ポータルサイト作成

2018.05.30

Web制作

ポータルサイト

CMS,地域限定ポータルサイト

こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

お正月が開けたと思えばもう上半期も最終月を迎えました。

今年ももう半分と思うと時の流れの早さを感じます…

何か目標を達成したひと、また新たな目標を立てるにはピッタリな時期に差し掛かりました!

今回は前回に引き続き「ポータルサイト」についてご紹介させていただきたいと思います。

「ポータルサイト」の中でも昨今、増えつつある『地域限定ポータルサイト』を
ご紹介していきたいと思います。

◆テーマ:『地域限定ポータルサイト』

1.『地域限定ポータルサイト』とは?

2.『地域限定ポータルサイト』の運営の難しさ

3.『地域限定ポータルサイト』を成功させるには

4.まとめ

1.『地域限定ポータルサイト』とは?

『地域限定ポータルサイト』とは、読んで字のごとく「地域」に特化した「ポータルサイト」です。

「町おこし」の一貫であったり、
「地域の活性化」のために『地域限定ポータルサイト』を作成する地方自治体が増えています。

大都市と比較して、地方都市は若者の大都市へ移動、それによる財政面での落ち込み、高齢化などにより
産業の引き継ぎの困難など非常に多くの問題を抱えています。

これらの問題を解決すべく『地域限定ポータルサイト』が注目を受けています。

「ポータルサイト」というと「Google」「YAHOO!JAPAN」などが有名ですが
『地域限定ポータルサイト』は「集客力」を活かしていく「ポータルサイト」とも言われます。

『地域限定ポータルサイト』を有効的に活用していくにはサイトの「集客力」が重要です。
Googleの「AdWords」等の「リスティング広告」を利用しながら「検索エンジン」に上位表示させて
閲覧数を増加させていくなど、有料の広告を使用しているサイトもあります。

また、その地域にしかない魅力的な「観光地」「風景」などを写真や記事などにして「コンテンツ」を充実させていき
「SEO対策」も考慮しながら上位検索を狙っているサイトもあります。

しかしながら、これらも数多くはありません。

『地域限定ポータルサイト』は地元に自治体や関係者が多く関わっている事が多く、Webリテラシーが不足しているケースが
少なくないのです。

業者に制作は依頼したものの、運用がうまくいかずに再び業者にコンサルティングしてもらうというケースも少なくありません。


・どのように閲覧数(PV数)を増やすか?

・魅力的なコンテンツは作成出来ているのか?

上記の課題を恒常的に考慮して運用しなければ、
差別化を図り作成した『地域限定ポータルサイト』もあまり意味のないサイトとなってしまいます。

では、どうして『地域限定ポータルサイト』の運営は難しいのでしょうか??
どうしたら改善出来るのかをまとめてみました。

2、『地域限定ポータルサイト』の運営の難しさ

【閲覧数が少ない】

サイトの「集客力」を活かすことがサイトの「質」を上げることにつながります。

そこから「観光地」への誘導や「名産品の購入」など収入を得ることにつながります。

そもそも「集客力」が無ければ「収入」を得ることすら出来ません。

地方になればなるほど「知名度」は低くなりますので「広告収入」を得ることは難しくなります。

「広告収入」だけで黒字にするには、最低限で月間:数百万から数千万の閲覧数にする必要があります。

大人気の『地域限定ポータルサイト』でさえ月間で数百万なのに対し、「YAHOO!JAPAN」などの
認知度の高い「ポータルサイト」は数千万の閲覧数になります。

明らかに「知名度」では劣ってしまいます。

いかに『地域限定ポータルサイト』の運営が難しいかがわかります。

また、有料広告をかければそれだけ「コスト回収」が難しくもなります。

【コスト回収が難しい】

閲覧数にも記載しましたが「コスト回収」も『地域限定ポータルサイト』の運営の難しさにつながってきます。

経済的な面だけではなく、多方面で「負担」がかかっています。


◆経済的負担

『地域限定ポータルサイト』なので「制作費用」「運用費用」などの「負担」がかかってきます。
「負担」だけ見ると難しさが露呈してしまいますが、重要なのは「費用対効果」です。
かけた分だけ回収が出来れば、問題ありません。
「制作」「運用」を含めて、かかった費用を回収できる見通しがあればこの問題は解決できます。

◆時間的負担

経済的負担の話にも通ずる部分がありますが、「経済的負担」をして制作した「ポータルサイト」がどの時点で
「結果」が表れ軌道に乗り「広告収入」が得られるようになるのかはわからず、ここに「時間的負担」が伴います。
しかし、サイト作成時点から「運用イメージ」がついているのといないのとではこの「時間的負担」が全然変わってきます。

◆精神的負担

「時間的負担」と同じ部分ですが、結果が出にくい場合「精神的負担」も出てきます。
更新者がWebリテラシーが低い人や興味が無い方の場合、より「精神的負担」が大きくなります。
『地域限定ポータルサイト』から町おこしを本気でしたいと思っている人とそうではない人では「精神的負担」は変わってきます。

『地域限定ポータルサイト』の運営の難しさを読んでみてもらった通り、
運営し続けるというのは非常に難しいという事が分かっていただけたでしょうか。

では、どうしたら『地域限定ポータルサイト』の運営を続けていき「成功」へと導くことが出来るのでしょうか。

次は『地域限定ポータルサイト』の「成功の秘訣」をご紹介したいと思います。

3、『地域限定ポータルサイト』を成功させるには

【認知度の拡大】

その地方自治体にしかない「観光地」「名産品」などをいかにサイトに訪れたユーザーに
「認知」してもらえるかが重要になります。

「認知」させたあとはいかに「購入」しやすいサイト構成にするかを検討すれば、自ずと「ブランド力」が高まります。

ユーザーにここでしか「手に入らないもの」や「サービス」「限定品」という意識を根強くつける手法でもあります。

【SNS等で拡散】

GoogleのAdWordsでは、検索エンジンに掲載することは出来ますが直接的に購入を促す事は難しいケースもあります。

「有料広告」だけではなく、「土産物店」にポスターを置いてそこから「ポータルサイト」に流入させたり
「購入者」には特典用で「ポータルサイト」のリンク先を貼り、メルマガ登録者には割引を行ったり、SNSで拡散させたら
次回来店割引など特典をつけることで「ポータルサイト」を「認知」させたりすることができます。

「有料広告」だけでは「経済的負担」が大きくなりますが、SNS等を利用することで「経済的負担」を減らし
効率的に「認知度」を拡大させる事が出来ます。

『地域限定ポータルサイト』を成功させるには、
「認知度」を拡大させていきながら「ポータルサイト」や「商品」「サービス」の「ブランド力」をユーザーに対して植え付けていく。

「SNS」等を利用しながら、「コスト削減」を行い「制作費用」「運用費用」を回収していく。

これらのことがとても重要となってきます。

最近では「ふるさと納税」という言葉が流行し、地方自治体も『地域限定ポータルサイト』に力を入れつつあります。

サイト制作後に、操作性が難しくて運用がうまくいかない等ならないためにも
自由度が高く、操作が簡単な「ポータルサイト」の構築が必要となってきます。

弊社では、数多くの「ポータルサイト」を制作させていただきました。

少しではありますが、実績をご紹介いただければと思います。

【事例紹介】

■イシグロ 様

https://www.ishiguro-gr.com/

ポータルサイトのほかに、ECサイトも作らせていただきました。静岡県を中心に、愛知・神奈川・滋賀で26店舗もの釣り具店を運営されている会社様です。

まさに地域に特化しているポータルサイト、ですね。

■株式会社ガモウ関西 様

https://www.hairdre.jp/

「ヘアドレ」という美容師、美容院のポータルサイトを作らせていただきました。大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山限定で美容師さんを紹介しています。

■ひかリノベ 様

https://hikarinobe.com/

関東エリア限定の物件検索ポータルサイト、「ひかリノベ」を作らせていただきました。

『地域限定ポータルサイト』や「ふるさと納税」のサイト構築等を検討しておりましたら、
ぜひ、ご相談ください。

詳細な実績は下記よりご確認いただけます!

https://www.shift-jp.net/works/?c=004

4、まとめ

1.『地域限定ポータルサイト』は地方に特化した「ポータルサイト」

2.『地域限定ポータルサイト』は運営が難しいのは「閲覧数(PV数)」と「コスト面」が課題

3.『地域限定ポータルサイト』を成功の秘訣は「認知度の拡大」「SNS等で拡散」

4.株式会社シフトでは「ポータルサイト」の様々な実績がある


本日のブログで、あなたの中に『地域限定ポータルサイト』のイメージが湧けば幸いです!!

「ポータルサイトを作成したい!」

「既存のシステムとの連携は可能なのか?」

「どの様なサイトが適しているのか?」

など

まずは一度、ご相談いただければヒアリングさせて欲しいと思います。

ご不明点などあればお気軽にご連絡頂ければと思います。

「ポータルサイト」についてもどんどん学んでいきたいと思います。

これからもよろしくお願いします!!

ご質問・ご相談は、
お気軽にどうぞ
とりあえず詳しい資料がほしい
こんなことはできる?
一度話を聞いてみたい
パッケージの詳細が知りたい

03-5847-1281
営業時間:平日9:30~18:30

メールフォーム 24時間365日受け付け