コンテンツSEOを用いてポータルサイトへの集客アップ!

2018.06.04

Web制作

CMS,ポータルサイトとコンテンツSEO


こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

スマホってよく置き忘れてヒヤヒヤすることってありませんか?

最近では、
BLEを使用してスマホ本体とタグを連携させていく技術が流行っています。

半径何メートル離れると音でアラートを鳴らしてくれる優秀な紛失タグが
出てきています。

値段も3000円程度でお手頃なので、購入を検討しています!


本日のテーマは『ポータルサイトでの集客』について。
『コンテンツSEO』を用いての「集客」方法をご紹介させていただきます。

◆テーマ:『コンテンツSEO』

1.『コンテンツSEO』とは

2.『コンテンツSEO』を作成する上で重要なこと

3.『コンテンツSEO』に取り抱える前段階の準備

4.まとめ

1、『コンテンツSEO』とは

『コンテンツSEO』とは読んで字のごとく「コンテンツ」を利用してSEO対策することです。

SEO対策というと1ページ目に上位表示すればいいという風潮ですが、『コンテンツSEO』はターゲットユーザーに対して
適切なページを表示させるために対策をするという意味合いが大きいです。

ターゲットユーザーがどの様な「キーワード」で検索をするかを把握して、キーワード検索された際に表示する
「コンテンツ」を作成することが『コンテンツSEO』と言います。

『コンテンツSEO』は上位表示させるというよりは、
特定のキーワードで探しているユーザーにいかに表示させるかが目的です。

ではどうして『コンテンツSEO』が注目を受けているのでしょうか。

それは、Googleなどの検索エンジンの進化があげられます。

長きにわたり、Googleは「リンク」を受けているサイトを上位に表示していました。

たくさん「リンク」を受けている「被リンク」が多い「サイト」が絶対的に上位表示されておりました。

それにより「被リンク」を販売する業者が表れ、自社ページに「リンク」を張ることで上位表示ということもありました。

その後は「被リンク」が王道なのは変わりませんでしたが、
「リンク」を貼る側と張られる側の相互が意味を成しているのかを見られるようになりました。

「リンク」が張られる側が低評価なサイトと認識された場合、そのリンクには低評価と判断しました。

昨今では、「コンテンツの質を重要視」するようになりました。
上位表示するには「被リンク」もまだ大事ですが、「ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを表示する」という指針に変わってきています。

あるテーマの情報に関連性が高い「コンテンツ」やテーマの深掘りされている「コンテンツ」が高い評価をうけるようになってきております。

『コンテンツSEO』で最も重要なのは、関連性の高い「コンテンツ」や内容を深掘りしている「コンテンツ」を作成することです。それが評価につながります。

検索するユーザーの「キーワード」に対して適切な「コンテンツ」が表示されるように推測していく必要があります。

『コンテンツSEO』でユーザーに表示されるようにするには何を気をつけるべきなのでしょうか。

次に、『コンテンツSEO』を作成する上で重要なことをご説明させていただきます。

2、『コンテンツSEO』を作成する上で重要なこと

【1.優良なコンテンツの作成】

ユーザーの検索ニーズやどんな情報を求めて検索しているのかを把握していきながら、

「コンテンツ」を作成していくことが重要です。

「コンテンツ」投稿者のオリジナリティがあり、誰が見ても読みやすく分かりやすい記事が必須です。

【2.コンテンツを書き続けること】

まとめて「コンテンツ」を公開してそのままではなく、定期的に「コンテンツ」を作成しては公開の繰り返しの方が
『コンテンツSEO』の評価を受けやすいとされています。

『コンテンツSEO』では関連性の高い「コンテンツ」や深掘りした「コンテンツ」が評価が高いです。

その効果を発揮させるには、検索ユーザーの探している情報を満たすような内容にしないといけないので
「コンテンツ」の記事の「量」はある程度無ければいけません。

あるテーマを書いたあと、関連するテーマの「コンテンツ」を作成していくことを継続的に行い随時更新していくのも有効的です。

「キーワード」の検索に変化があるようであれば、それと同時に「コンテンツ」の内容を変更したりすることも必要です。

「リスティング広告」のような出稿すればすぐに掲載されるものとは違い、中長期で継続性を覚悟して行っていくものになります。

【3.コンテンツの効果測定】

「コンテンツ」作成した後も「結果」を確認し、改善点を修正していく必要があります。

アナリティクスの解析ツールを使用して「クリック数」「流入数」「キーワード」などを調査することも次へつなげるために重要です。

効果が出にくいものは、「原因」をさぐり「キーワード」「ページタイトル」を変更するだけでも効果は変わります。

『コンテンツSEO』を作成する上で重要なことは、
「優良記事の作成」「コンテンツを書き続ける」「コンテンツの効果測定」になります。

『コンテンツSEO』に取りかかる前段階の準備についてご紹介します。

■『コンテンツSEO』に取りかかる前段階の準備

むやみに「コンテンツ」を増やしていっても意味がありません。

「ターゲットユーザー」「キーワード」などの基本情報を決める必要があります。

その後、「コンテンツ内容」「項目名」「検索キーワード」「検索ボリューム」などを明確にするため
「コンテンツマップ」を作成すると分かりやすくなります。

また、どの様なユーザーに閲覧するサイトなのかを明確にするためにも「ペルソナ」を作成するとサイト構成する際に
役立ちます。

これらをもとに「コンテンツ」を作成していきます。

「コンテンツ」作成する上で、ユーザーが検索している「キーワード」を考えながら作成していきますが
文章らしさが無くなっては元も子もありません。

最低限、「meta」「keywords」「description」には狙っているキーワードを盛り込むことは忘れないようにしたいです。

「キーワード」を中心に「コンテンツ」作成の準備をすることが前段階で必要です。

これがきちんとしていれば『コンテンツSEO』に基づいた「コンテンツ」が作成できます。

まとめ

1.『コンテンツSEO』は「コンテンツ」を使って狙った「キーワード」でユーザーに表示されるようにするもの

2.『コンテンツSEO』を作成する上で重要なことはPDCAを行いながら継続していくこと

3.『コンテンツSEO』に取りかかる前に「コンテンツマップ」や「ペルソナ」を設定しておくこと


本日のブログで、『ポータルサイト集客』に興味いただければ幸いです。


本日のブログを参照しながら「コンテンツSEO」も意識しながら、「コンテンツ」作成していただきたいと思います。

これから「集客」についてご紹介できればと思います。

ご質問・ご相談は、
お気軽にどうぞ
とりあえず詳しい資料がほしい
こんなことはできる?
一度話を聞いてみたい
パッケージの詳細が知りたい

03-5847-1281
営業時間:平日9:30~18:30

メールフォーム 24時間365日受け付け