顧客の販売までの心理ステップ。そのステップごとの動きを察知し、
自動で高めていくツールがマーケティングオートメーションです。

良質な営業案件をつくりだす。

見込み顧客のリードを管理し、良質な営業案件を作り出し、営業に引き渡す。

そのプロセスを自動化し、マーケターと営業、その両者ともを手助けするのがMAの役割です。まさに、マーケターと営業との橋渡し。

ユーザー心理の変化

インターネットの技術が進み、今や一人一台スマホを持ち、ユーザーは日々膨大な量の情報にさらされるようになりました。
日本社会はモノだけではなく情報にも溢れるようになり、個人は情報の見極めを強いられるようになったのです。

それと同時にあらゆる市場が成熟期を迎え、個々人のニーズは多様化し、ユーザーは自ら能動的に情報を求めるようになりました。
得た情報を取捨選択するよう になり、結果テレビや新聞などのマスマーケティングの効果は年々落ちてきています。
個々人が一つの情報だけを鵜呑みにする時代は終わりました。

企業が「1:多数」で行うプロモーションやマーケティング施策は、ユーザーの心に響きづらくなってきています。

1:1のマーケティングへ

時代の変化と共に、マーケティング手法にも変化が求められてい ます。

「1:多数」のマスマーケティングから、ひとりひとりへのニーズに合わせたパーソナライズド化したマーケティングへ。

今までの技術では、One to Oneマーケティングの実現は物理的にも人的資源的にも難しいものでしたが、MAの出現により、それが可能となりました。時代の変化から、MAが生まれたといっても過言ではありません。

SCOREは、「1:1」のよりきめ細かなマーケティングを実現可能に します。ユーザーにとって、より快適な購買体験を提供しましょう。

突然営業電話をしても反応がないばかりか嫌われてしまいます
検討段階でメールを送ったら意識してもらえるかもしれません
その状態で電話をかければ反応してもらえる可能性がぐっと高まります